骨盤矯正・産後の骨盤

  1.  > 
  2. 骨盤矯正・産後の骨盤

骨盤矯正・産後の骨盤

骨盤矯正とはそもそもなにか…そんなを事まとめてみました。
その上で「あおい鍼灸接骨院」の骨盤矯正を選んでいただけると幸いです。

ラインナップ

①骨盤てどこの事?歪むとどんな不具合が出る可能性がある?
②骨盤矯正とは?
③あおい鍼灸接骨院の骨盤矯正(全身調整) !ポイント
④通常の骨盤と産後の骨盤との違い

①骨盤ってどこの事?歪むとどんな不具合が出る可能性がある?

骨盤とは仙骨、腸骨、坐骨、恥骨、尾骨から構成されており、体の土台を作り、内臓を保護・保持しています。
腸骨、坐骨、恥骨はそれぞれ名前こそ付けられていますが、癒合(一体化)しておりそれらがズレたり歪んだりすることはありません。
骨盤のズレ・歪み・開きと言うのは、仙骨と腸骨の関節部分の異常の事を言います。

仙骨と腸骨の関節部分は「仙腸関節」といい、平面関節を成しています。(平面関節とは面と面が合わさったような関節であり、ほとんど動かない事が特徴)


その仙腸関節は全く動かないわけではなく、通常3mm前後の「遊び」があると言われています。
横座りや足組みなどの不良姿勢、労働による負担、筋力不足、日常的な癖など、様々な原因によって仙腸関節に異常をきたしたものを一般的に骨盤の歪みと言います。



異常とは何かというと、ズレ、開き、遊びが無くなって全く動かない、などの事です。では骨盤の異常があるとどんな不具合の可能性があるか?


・体の痛み
腰痛はもちろん、骨盤という体の土台から付いている筋肉も突っ張ってしまい、肩こりやひざ痛など全身に不調が出る可能性があります。

・内臓の不調
骨盤は内臓の保持にも役立っています。その骨盤に異常、特に開き過ぎてしまっていると内臓下垂が起こってしまいます。
胃下垂は皆さん聞き慣れていると思いますが、胃下垂があると消化不良、食欲不振、血行不良、胃もたれなどの症状が起こる可能性があります。
内臓下垂になるといろいろな内臓に負担がかかって様々な症状が出る可能性もあります。

・見た目、美容面
左右の歪みが強いと脂肪が一定の所に付くようになってしまいウエストのくびれが無くなります。血行が悪くなり脂肪がつきやすくなるということもあります。

②骨盤矯正とは?

骨盤矯正とは上記の「「仙腸関節」を整える事です。
仙腸関節はズレたり、緩み過ぎて開いたり、ガチっと固まって遊びが無くなったりします。そういった異常を手技で整えます。

骨盤を矯正したり体を整える事を総称して「整体」と呼ぶのですが、左右の足の長さをそろえる事が目的になってしまっていたり、ボキボキっと骨を鳴らしたり、パフォーマンス重視の施術をしている整体院やカイロプラクティック院も多くあるので見極めが大事です。

正しい骨盤矯正とはどんなものか…少しだけイメージしてみましょう!
人の体は骨盤と脊柱(背骨)を中心に左右にたくさんの筋肉がついています。そして筋肉に引っ張り合われる事によって身体は立つ事や座位を保持する事ができます。
その筋肉ですが、みなさん右利き左利きがあります。
右利きだと想定した場合、右半身の方が筋力が強くて筋肉量が多いことがほとんどです。
という事は、右側に引っ張られる力の方が強いという事なので、身体も若干右側に傾く事が想像できるかと思います。

この生理的な傾きを無視してバキバキっと左右を均等にしようとしてしまうと、体のバランスが崩れてしまいますので要注意です。
生理的な傾きは残しつつ、緊張した筋肉をほぐして、骨盤を整える事が理想の骨盤矯正です。

③あおい鍼灸接骨院の骨盤矯正(全身調整)

では、あおい鍼灸接骨院ではどんな施術をするのか?です。
あおい鍼灸接骨院では、骨盤を整える事と、背骨のS字カーブを整える事の2つに重点を置いています。

骨盤のズレ・歪みは横軸のバランスなのに対し、S字カーブは縦軸のバランスです。

背骨は横から見た時にゆるやかなS字になっているのですが、そのS字がまっすぐになり過ぎていたり、カーブが強すぎたりすると体の痛みに繋がってきます。
猫背や反り腰というのを聞いた事がある方は多いと思いますがそれらもS字のバランスの問題です。

また、最近よくメディアにも出てくるようになった「ストレートネック」もその事を指しており、ネック=首は正常ではゆるく前湾しているのですが、それが真っ直ぐになってしまっている状態をストレートネックと言います。ストレートネックがさらに悪化すると、前湾とは反対に後湾状態になってしまう事もあります。

骨盤の状態を見るのも大事ですが、体全体のバランスを取ろうと思えば縦軸と横軸両方のバランスを見る必要があります。
身体の痛みを訴えてくる人の多くにS字カーブの異常が見られます。

あおい鍼灸接骨院の施術は、バキバキ・ボキボキの様に、瞬間的な力を加えるのではなく、マッサージで筋肉をほぐし、ストレッチの様な動きで歪んだ身体を整える施術です。

マッサージやストレッチと聞くとどこでも同じと思うかもしれませんが、他にはないと自信をもって言えるような施術方法で、痛気持ち良く「背骨のS字」と「骨盤の歪み」を正し、みなさんそれぞれの体に合った自然な状態へと調整します。

④通常の骨盤と産後の骨盤との違い

あおい鍼灸接骨院は産後の骨盤矯正にも力を入れています。
産後の骨盤矯正もやはり骨盤だけでなくS字カーブを整える事も重要になってくるのですが、それ以外の産後の骨盤の特徴を説明します。





・お腹が大きくなるにつれ、強制的に骨盤の変化と姿勢の変化が起こる
お腹が大きくなると骨盤が開く事は想像できると思いますが、それに加えて姿勢も必ず変化します。
お腹のあたりで重りを抱えるのを想像してみて下さい。重たい物を持つと体を真っ直ぐに保持する為にのけ反った姿勢になると思います。のけ反るという事は、腰椎が前に反り、骨盤も前方に傾く(前傾)という事です。
そうすると関節や筋肉に負担がかかり腰痛となってしまい、産後にも腰痛が残ってしまう原因になります。

また、のけ反ると体のバランスを取りにくくなってしまうので、がに股になって歩隔(両足の間の幅)も広くなって立位を安定させるようになります。
座っていても真っ直ぐだとお腹がつっかえるので、お尻をズリっと前に出して骨盤を後傾させ、足を投げ出す姿勢が楽になります。

妊娠中~出産後しばらくは運動もあまりできないので、それがさらに痛みが出やすくなる原因の一つです。

・出産時
出産時はとてつもない力が体に加わります。(経産婦の方には言うまでもありませんね…)
メキメキ、ミシミシと音がするくらいと聞いた事があります。
狭い産道を3kg程の胎児が通ってくるには、仙腸関節と恥骨結合を無理やり押し広げなければなりません。

ひどい人は恥骨結合が完全に離開してしまう事もある様です。
体の内部から無理やり押し広げられた仙腸関節や恥骨結合は、産後放っておくとズレて固まってしまう事がしばしばあります。
なので産後は、骨盤矯正を受け、適度な運動をし、腹帯で締める事が大事です。

以上の事から、産後も骨盤だけでなく背骨を整える事も大事だという事がなんとなくでも分かって頂けたでしょうか?治療院をお探しの方はぜひあおい鍼灸接骨院もご検討してみて下さい。

※おまけの雑談
出産は胎児にとっても命がけと言いますが、狭い産道を通って出てくる時に胎児の背骨などが整う(矯正される)と、昔の有名な先生が言っていたそうです。医学的には説明がつかないかもしれませんが、一理あるなと自分は思いました。
自分の子供は帝王切開でしたが体もがっちりしていて元気いっぱいなので関係するのかどうかはわかりませんが。

浜松市中区葵東2-24-5、北区細江町気賀989-3の2院体制で、広い地域の方にご利用いただけると幸いです。
キッズルームも随時リニューアルしていきますので、お子さん連れで通院したい方もお気軽にご相談下さい。
24時まで営業(当日19時までに予約)なので、遅くの時間帯の通院も大歓迎です。

交通事故無料相談受付中

浜松市で深夜24時まで予約可能な接骨院

053-438-0777

営業時間
(平日・祝日) 8:30~24:00
(土曜) 8:30~13:00
日曜定休
当日のご予約は20時まで
※緊急の場合はその限りではありません

葵東・細江共通LINE

友だち追加

WEB限定割引

営業時間

平日・祝
8:30~24:00
土曜日
8:30~13:00
日曜日
定休日

※連休・臨時のお休みの場合は、
ホームページにてお知らせいたします

交通事故無料相談サポート ご予約・お問い合わせはこちら

053-438-0777

当日のご予約は20時まで
※緊急の場合はその限りではありません

葵東・細江共通LINE

友だち追加

葵東院
〒433-8114
静岡県浜松市中区葵東2-24-5
TEL: 053-438-0777

細江院
〒431-1305
静岡県浜松市北区細江町
気賀989
TEL: 090-8335-7990